保健科学東日本では生活習慣病を予防するための検査も行っています

生活習慣の乱れは昨今の異文化交流や、技術の発達などによってもたらされたものと考えられますが、これを放置し続けることは懸命な判断とは言えません。高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病が引き起こされることに繋がりますので、それらを予防するためにも日常生活を健康的に過ごしていく必要があります。

保健科学東日本では生活習慣病を予防するために必要となる検査も手掛けています。アディポネクチン遺伝子多型検査では糖尿病やメタボリックシンドロームであるかどうかを判断する検査で、近年注目されている検査方法です。保健科学東日本ではいち早くこの検査の重要性を察知し、東京大学よりライセンスの供与を受けることによって当検査の受託をするようになりました。次に生活習慣病の予防のための検査として循環器疾患関連遺伝子多型検査も行っています。こちらは疾患感受性遺伝子の個人差を調査するもので、病気が発症しやすいかどうかを検査によって明らかにすることが可能となっています。

保健科学東日本ではこれら2つの検査方法の導入によって、現代社会で問題視されている生活習慣病を予防という観点からサポートしています。私達の健康も生活もサポートしてくれる事業を行っているのです。