保健科学東日本では最新の計測器による検査が行われます

保健科学東日本では、より正確で迅速に有効なデータを採取するために、各種検査には最新の計測器が用いられています。医療関係の検査では、科学検査と血液学検査、一般検査や細菌検査などの比較的耳にすることのある検査から、細菌検査や免疫検査、病理組織検査や細胞診検査などの専門的な検査まで手広くサービスを提供しています。

前回に引き続き検査を受けている場合には、前回分のデータと比較した情報も提供してもらうことも可能となっており、より精度の高い情報を得られるような体制となっています。

また、保健科学東日本では信頼できるデータを採取するために、診断経験も豊富な人材を実践的に投入しています。各種検査の機械化は進められていますが、最後は人の腕に頼る部分も少なくありません。病理組織検査では大学教授を招いて検査業務のご指導をいただいており、高度な検査精度を実現しています。

細胞診検査についても同様に人の手が介入することになりますが、こちらもベテランの細胞検査士が検査業務に当たっており、最終的な診断に関しては細胞診専門医の方に下してもらうようになっています。場合によっては報告書以外にも写真などのデータについても提供しています。