集団生活を健康面からサポートする保健科学東日本

集団生活を健康面からサポートする保健科学東日本

集団生活をより充実したものにするためには、安全、安心な環境に整えられたステージであることが絶対条件となります。病気が跋扈しているような環境では1つの活動に集中して取り組むことは不可能です。保健科学東日本ではこの安心安全な環境を創出するというサポート体制も整えています。

例えば検便検査です。検尿や蟯虫検査などは小学生の頃に行った方も多いと思われますが、このような健康な体を維持するために必要となる検査も提供しています。保健科学東日本では学校生活をより健全に充実したものに必要となる諸検査を提供しており、検便検査以外にもプールや飲み水の水質検査や食べ物関係の衛生管理に必要となる諸検査も行っています。

教育機関以外にも、企業や病院、介護施設などにおいてもサポートできる体制が整えられており、空気清浄度検査や産業廃棄物検査、土壌検査など、集団生活を送る上で必要となる安全性を確認するための検査サポートも充実しています。多くの人が集まり、共に生活していくとなると、どうしても環境面や安全面に綻びが生まれてしまうものですが、保健科学東日本ではその空いた穴を繕うために必要な検査やサポートを多角的、包括的に行っているのです。



保健科学東日本の企業倫理

企業にとって企業倫理を制定することがとても重要なことです。しっかり制定することができればその企業は信頼され業績を伸ばすことができます。保健科学東日本でもしっかり企業倫理を制定しているからこそ、社員一丸となって働ける環境がしっかり整っています。保健科学東日本では企業倫理を確立したことで、社員が一丸となって社会的使命とはどのようなものなのかを常に考えながら、自分たちが果たすべき職務の責任を常に考えて行動することができるような、会社の環境がしっかり整っている素晴らしい会社です。職場環境がしっかり整っているからこそ、社会的信頼の向上を図ることができるので、多くの人や企業から信頼されている会社なのです。

常に向上心がある社員が確かな技術と誠意を持って、お客様のために何ができるかを真剣に考えながら、地域医療に貢献して発展させることが、豊かな健康社会の創造に貢献するという考えが保健科学東日本にはあります。どのような技術を取得すればお客様が満足してもらえるサービスを提供できるのかを常に考えて日々個々の能力を上げるために努力をしています。社員が一丸となって努力をすることができれば、必ず地域医療の発展に貢献できるという熱い思いで日々業務に取り組んでいます。だからこそ保健科学東日本は今まで様々な健康社会の創造にしっかり貢献することができてきたのです。

保健科学東日本ではこれからも企業を発展させていきたいと考えています。だからこそ社員全員で企業活動に関係する法律、政令、省令、条例などをしっかり理解しながら守らなければいけないということを理解して公正で良識ある企業活動を実践することが求められています。常にお客様のためにサービスを提供するためには、自分たちが全てをしっかり理解しなければいけません。どのように理解していくかを組織で考えながら保健科学東日本で独自に作成した様々な内部規定や手順書を遵守しながら業務を遂行していくことが求められています。

しっかり独自で作成した内部規定や手順書や、国や地方自治体などの法律、政令、省令、条例をしっかり守りながら公正で良識ある企業活動を実践するためにはどのようにしていけば良いかを常に考えて社員全員で行動することで、お客様や取引先などから信頼される企業に成長し続けることができるのです。だからこそ社員がその都度真剣に考えて行動することができる環境がしっかり整っている素晴らしい組織が出来ています。

保健科学東日本では最新の計測器による検査が行われます

保健科学東日本では、より正確で迅速に有効なデータを採取するために、各種検査には最新の計測器が用いられています。医療関係の検査では、科学検査と血液学検査、一般検査や細菌検査などの比較的耳にすることのある検査から、細菌検査や免疫検査、病理組織検査や細胞診検査などの専門的な検査まで手広くサービスを提供しています。

前回に引き続き検査を受けている場合には、前回分のデータと比較した情報も提供してもらうことも可能となっており、より精度の高い情報を得られるような体制となっています。

また、保健科学東日本では信頼できるデータを採取するために、診断経験も豊富な人材を実践的に投入しています。各種検査の機械化は進められていますが、最後は人の腕に頼る部分も少なくありません。病理組織検査では大学教授を招いて検査業務のご指導をいただいており、高度な検査精度を実現しています。

細胞診検査についても同様に人の手が介入することになりますが、こちらもベテランの細胞検査士が検査業務に当たっており、最終的な診断に関しては細胞診専門医の方に下してもらうようになっています。場合によっては報告書以外にも写真などのデータについても提供しています。

保健科学東日本では生活習慣病を予防するための検査も行っています

生活習慣の乱れは昨今の異文化交流や、技術の発達などによってもたらされたものと考えられますが、これを放置し続けることは懸命な判断とは言えません。高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病が引き起こされることに繋がりますので、それらを予防するためにも日常生活を健康的に過ごしていく必要があります。

保健科学東日本では生活習慣病を予防するために必要となる検査も手掛けています。アディポネクチン遺伝子多型検査では糖尿病やメタボリックシンドロームであるかどうかを判断する検査で、近年注目されている検査方法です。保健科学東日本ではいち早くこの検査の重要性を察知し、東京大学よりライセンスの供与を受けることによって当検査の受託をするようになりました。次に生活習慣病の予防のための検査として循環器疾患関連遺伝子多型検査も行っています。こちらは疾患感受性遺伝子の個人差を調査するもので、病気が発症しやすいかどうかを検査によって明らかにすることが可能となっています。

保健科学東日本ではこれら2つの検査方法の導入によって、現代社会で問題視されている生活習慣病を予防という観点からサポートしています。私達の健康も生活もサポートしてくれる事業を行っているのです。

最新情報

  • [2017年08月22日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年08月22日]
    運営者情報を追加しました。